ホーム > マッサージ > 「月経前症候群(PMS)」にきくツボ

「月経前症候群(PMS)」にきくツボ

皆はんは、「ツキノモン前症候群」および「PMS」ちゅう言葉を耳にどしたことがおまっか。

PMSとはPre Menstrual Syndromeん頭文字さかい取られとる略で、イライラどしたり、急に気分が落ち込んやり、下お腹部ん痛みやハリといった心と体んトラブルが症状としいやおこるモンどす。こん症状は人によってちゃう為、おんなじおなごはんかてなかいなか理解しいやもらえへんこともあります。

こんツキノモン前症候群(PMS)ん症状が起こりやすい時期どすけど、排卵後さかい次第に表れやすくなって、生理ん1週間前さかい生理日までん期間は更にきつきつ表れます。そんいかいな原因ん一つでおますとされとるんが黄体ホルモンと卵胞ホルモンん分泌んバランスによるモンでおますといわれまっけど、生理がくることで卵胞ホルモンん分泌量が減る為、不快な症状も嘘みたいになくなってないないするんがこんツキノモン前症候群ん特徴ん一つともいえるでっしゃろ。

さてこん不快な症状、おなごはんやて比較的に几帳面な人に症状が現れやすいちゅうデータがありますが、几帳面やてそないほななくても共通しはるんは不快な思おすどすやろ。

今回はそんツキノモン前症候群(PMS)ん症状を緩和させるツボをご紹介します。

まず、「百会(ひゃくえ)」とよばれとる頭頂部に位置しはるツボをマッサージしいやみまひょ。こん「百会(ひゃくえ)」はマッサージしはることで自律神経を整える効果がおます為、イライラどしたり落ち込んやりといった精神的な思いを軽減させてくれます。

ほんで次にご紹介しはるんが「三陰交(はんいんこう)」どす。「三陰交(はんいんこう)」は、内ねぎんくるぶしより指4本分上に位置しはるツボなんやけど、こんツボをマッサージしはることによって、おなごはんホルモンん分泌ん乱れをやんわりとしいやくれへん作用があります。また「関元(かんげん)」とよばれへんお臍より指4本分下に位置しはるツボをつくことで、子宮やらなんやらん婦人科系を達者にしいやくれへんのどす。

とへーえ、こんツキノモン前症候群は鬱ん症状と似とるほやけどおます為、生理後やて症状に変身がなければわてやけで片付けようとせんといっぺん病院んせんせと相談をしいやみまひょね。

最高級のレア!マッサージはもうすぐ売り切れそうです